トピックス

会えない時間を大切に。

2020年7月30日

梅雨明け宣言も、もうすぐ。窓の外ではセミが鳴き、すっかり夏めいた日々となりました。
春には桜が咲き、水をはった田んぼからは蛙の声が聞こえだし、梅雨になるとアジサイの花に色がつきはじめます。
季節は、今年も変わらず、同じ景色を私たちに届けてくれます。
ひとつだけちがうことを除けば、いつもと変わらぬ日常を過ごしているはずでした…。
今年は始まるや否や、新型コロナウイルス感染症という前例のない事態が起こり、今なおその収束が見えずにいます。
私たちも、緊張と不安のなかで感染予防対策・拡大予防対策に専心して取り組んでいます。
そんな中、私たちは、ファボール泉が丘で過ごされている皆様と家族様、地域の皆様の協力のもと、“新しい生活様式”を見出しております。
ご入居様と会えない時期は、写真や母の日などイベントのある時に、家族様に花を送っていただきました。
会えない時間を大切に、今が繋がっているように感じられます。
たくさんのあたたかいご協力を、ありがとうございます。

気分も明るく咲かせたい。

2020年7月29日

ファボール泉が丘では、現在もコロナウイルスの影響で、季節行事や外出行事を行うことはなかなかできない状況ですが、そういった状況でも職員と利用者と一緒になり、何かできることはないかと考えていました。
そして、先日、ファボール泉が丘の正面玄関前の花壇で、ご利用者の方と、ジニア、ケイトウ、インパチェンスなど暑さに強い花を植えました。
小さい花壇ですが、かわいい花で、素敵な花壇になりました。
花のお世話をしていると、水やりや肥料をやるタイミングをご利用者に教えていただいたり、思い出話を聞くことができます。また、ご近所の方々にも声をかけてもらい、アドバイスをいただいています。
これからもご利用者と一緒に花のお世話をして、皆様の気分が明るくなるようなレクリエーションを考えていきます。

再び面会制限へ

2020年7月29日

兵庫県内の新型コロナウイルスが「感染増加期」に入り、7月26日には新たな感染者数が過去最多となりました。これを受け、兵庫県より高齢者福祉施設に対し、入所施設での面会者からの感染を防ぐため、可能な限り入所者と面会者の直接対面を避けるよう要請がありました。この要請をふまえ、ファボール星陵、ファボール泉が丘でも、7月27日(月)から当面の間、直接対面でのご面会、およびご入居者様の外泊・外出を再び休止させていただくこととなりました。
なお、リモート面会は可能ですので、施設までお問い合わせください。ご家族様や関係者の皆様にはたいへんご不便をおかけしますが、何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。

  • カテゴリ選択

  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • 記事一覧を見る

    社会福祉法人 神戸協和会の各施設では、
    サービス向上のため、
    随時スタッフを募集しています。