その想いは、世紀を超えて。

困っている人、助けを求める人に寄り添いつづけること。
時代は変わっても、神戸協和会の想いは変わりません。

困窮するブラジル移民の救済から、戦災孤児の保護、そして、今日の児童養護、さらには、高齢者介護サービスへ。事業のカタチ、ご利用者の姿は変わっても、神戸協和会の底に流れる強い想いは変わりません。それは、どんな時でも、困っている人、助けを求めている人、すなわち社会的に弱い立場にいる人々の側にいて、彼らに寄り添いつづけること。そして、彼らを力の限り支援すること。その想いは、創立者・大倉睦二が生涯にわたり座右の銘とした、次の道歌にもあらわれています。

「踏まれても 根強く忍べ 道しばの やがて花咲く春は来ぬべし」

社会福祉法人 神戸協和会の運営施設

ファボール星陵外観
特別養護老人ホーム
デイサービスセンター

ファボール星陵

(神戸市垂水区)
● ● ●

ファボール星陵の概要を見る

ファボール泉が丘外観
地域密着型特別養護老人ホーム
小規模多機能型居宅介護事業所

ファボール泉が丘

(神戸市垂水区)
● ● ●

ファボール泉が丘の概要を見る

双葉学園外観
児童養護施設

双葉学園

(神戸市灘区) ● ● ●

双葉学園の概要を見る

トピックスイメージ

施設の最新情報から、職員のつぶやきまでトピックスはこちら

最新記事はこちら

社会福祉法人 神戸協和会の各施設では、サービス向上のため、
随時スタッフを募集しています。

新 着 情 報 新着一覧はこちら

2019.08.27.
サイト更新
サイトを全面リニューアルしました。